クォーター

ブログ

大学受験に有利なだけじゃない!中高一貫校の本当のメリット

本日の記事はこちら ↓ 「先取り教育」だけが大学合格実績を上げるのではない 中高一貫校の大学進学実績がいい理由は、中学生のうちに高校の範囲まで踏み込んで学んでしまういわゆる「先取り教育」にあるといわれることがよくあります。でもそれは、半分正...
雑感

中学受験の偏差値は入試問題の難しさと関係ない 安浪京子&矢萩邦彦が語る偏差値の「誤解」

本日はこちら↓の記事 思い切って「偏差値」というものさしから一度離れて、中学受験を考えてみては――。こう提案するのは、探究学習の第一人者である矢萩邦彦さんと、「きょうこ先生」としておなじみのプロ家庭教師・安浪京子さんです。今回は、「偏差値」...
雑感

「スラスラと解き方を説明する子」「たどたどしい子」後者のほうが“受験戦争に強い”ワケ

本日はこちらの記事 受験科目の算数にはある特徴がある 受験算数の特徴として、次のような特色が挙げられています。 〇必須科目である 〇配点が高い 〇合格者と不合格者の得点差がもっとも大きい 〇特殊である 〇取り組みの差が出やすい 小学校で勉強...
雑感

「塾通いは1年だけの”ゆる受験”でもOK」偏差値的におトクな私立中学10校

こちらの記事には批判的な見解が数多くあるようなので、取り上げるか否か躊躇したのですが、あえて取り上げてみたいと思います。 大手塾に頼らない中学受験と「ゆる受験」 「中学受験をする場合、塾は最低でも小4から」「習い事はあきらめないと、志望校に...
雑感

麻布、開成、武蔵も…学習塾に支配される名門進学校の厳しい現実

少子化による中学受験環境の変化 「中学受験を主とする学習塾が、進学校にとって無視できない存在になったのは1990年代後半あたりから」と振り返るのは都内私立中高一貫男子校「御三家」の一角、麻布の元教師。「かつては、学習塾の動向など、まったく気...
雑感

中学受験する子供に「言ってはいけない」お金の話

本日の記事はこちら。 子供が中学受験をするにあたり、親にとって負担となるのが入学までにかかる教育費だ。株式会社ファルボが2020年10月に発表した調査によると、私立中学に通う家庭の7割は世帯年収800万円以上。その年収帯の家庭では、学習塾費...
ブログ

高校数学レベルの算数問題(整数:割り算と余り)

マスター・オブ・整数(東京出版)より 今回も引き続き、高校数学レベルの整数問題をとりあげます。 ちなみに、マスター・オブ・整数(東京出版)のP11には次のような問題を含めて類題がいくつか掲載されています。 7で割ると1余り、9で割ると2余り...
雑感

中学受験と習い事の両立、どうする?

先週末に習い事に関する記事をたまたま書きましたが、(たまたま)同じ趣旨の記事になっています。 スポーツや音楽など習い事をしてきた子たちは、受験時の集中力が違います。(中略) 頭の切り替えができるお子さんの中には、習い事と勉強とをどちらも集中...
ブログ

高校数学レベルの算数入試(灘中 2021年 整数)

はじめに このブログで何度か指摘しているとおり、難関校といわれる中学の入試算数は高校数学の領域まで入り込んでいます。 具体的には、数学Aの「整数」・「場合の数」(確率を除く)・「図形」及び数学Bの「数列」あたりがその範囲として挙げられます。...
雑感

中学受験と習い事(習い事はいつまで続ける?)

管理人 今日は、久々の対話型記事。 中学受験をするご家庭が気になるテーマ 「習い事はいつまで続けるか」です。 お母さん うちはまだ低学年なので塾には通っていませんが、 習い事は、「英語」・「サッカー」・「ピアノ」 の3つをしています。 管理...
スポンサーリンク