雑感

雑感

「中学受験の子どもの嘘」事態をこじらす親がやりがちな行動

本日の記事はこちら ↓ 子供がつく嘘には次の2つがあると指摘します。 ① 子供のつく幼さゆえの噓 ② 受験を意識した嘘やカンニング ⇒ 要注意 前者は(幼さゆえの)他愛もない嘘ですが、後者は中学受験とい特殊な状況から生じる嘘と言えるので、注...
雑感

「国語が苦手な子ども」が音読で激変する納得理由

本日の記事はこちら↓ 国語を得意にするために? 国語を得意にするうえで最も重要なこととは何でしょうか? それは、最後まで文章を読みきることです。国語の読解問題では、文章の内容を正しく読み取り、設問に正しく答えることが求められるからです。(中...
雑感

中学入試で起きた首都圏の「御三家離れ」は解消か 武蔵、女子学院など根強い人気

本日の記事はこちら ↓ 一言で言えば、コロナ禍における2021年の中学受験を考察しつつ、2022年の出願動向を占うという記事です。 来年受験する現6年生の親御さんは、「どこそこの学校が難化(易化)する」などといった情報に左右されず、我が道を...
雑感

「中学受験するのは“いい大学”に入るため」が大間違いなワケ

本日の記事はこちら ↓ 難関大学合格が目的なら6年間塾が合理的 端的に言います。“いい大学”に行くことを目的にするならば、もっとも効率のいい選択は、中学にも高校にも行かないことです。学校に行かない代わりに、小学校を卒業した春休みからすぐに東...
雑感

中学受験で息子が本命校に合格するも…入学説明会で母の目の前が真っ暗になった理由

本日の記事はこちら ↓ 首都圏では1月中旬から2月上旬にかけて私立中学校の入学試験が行われます。(中略)多くの学校で開催され、受験関係者の間では別名“学校招集日”と呼ばれている「入学説明会」について、筆者の実体験を綴ります。ちなみに、入学説...
雑感

首都圏「中高一貫校」22年入試は熾烈、志願者2000人以上増か!?

本日の記事はこちら ↓ これまで、首都圏四模試(四谷大塚、日能研、首都圏模試センター、SAPIX)の4月模試と7月模試の受験生動向を取り上げてきた。今回は9月模試の全体的な動向について見ていこう。現状では、2022年首都圏中学受験生の総数は...
雑感

中学受験の入塾テストで上位クラスに入る子が、低学年のときにやっていること

本日の記事はこちら↓ 中学受験塾の入塾テストで上位クラスに入る子は、低学年のときにどんなことをやっているのか。プロ家庭教師集団・名門指導会代表の西村則康さんは「低学年のうちから塾に通わせればいいわけではない。鉛筆の正しい持ち方を身につけさせ...
雑感

中学受験の偏差値は入試問題の難しさと関係ない 安浪京子&矢萩邦彦が語る偏差値の「誤解」

本日はこちら↓の記事 思い切って「偏差値」というものさしから一度離れて、中学受験を考えてみては――。こう提案するのは、探究学習の第一人者である矢萩邦彦さんと、「きょうこ先生」としておなじみのプロ家庭教師・安浪京子さんです。今回は、「偏差値」...
雑感

「スラスラと解き方を説明する子」「たどたどしい子」後者のほうが“受験戦争に強い”ワケ

本日はこちらの記事 受験科目の算数にはある特徴がある 受験算数の特徴として、次のような特色が挙げられています。 〇必須科目である 〇配点が高い 〇合格者と不合格者の得点差がもっとも大きい 〇特殊である 〇取り組みの差が出やすい 小学校で勉強...
雑感

「塾通いは1年だけの”ゆる受験”でもOK」偏差値的におトクな私立中学10校

こちらの記事には批判的な見解が数多くあるようなので、取り上げるか否か躊躇したのですが、あえて取り上げてみたいと思います。 大手塾に頼らない中学受験と「ゆる受験」 「中学受験をする場合、塾は最低でも小4から」「習い事はあきらめないと、志望校に...
スポンサーリンク