クォーター

ブログ

中学受験は教育虐待か!?「自分は大丈夫」と思う親が一番危ない

本日の記事はこちら ↓ ――子どもの勉強のことでつい感情的に怒ってしまうことがありますが、どんな親が教育虐待をしてしまうのでしょうか? 「こんな親御さんが教育虐待をしやすい」という分かりやすい典型例はありません。強いて言えば「自分は大丈夫」...
ブログ

小学校と中学校受験、どっちが大変なの? メリットとデメリットから比較

本日の記事はこちら ↓ 小学校受験と中学校受験の比較記事です。 一方、中学受験のデメリットは、「お金」「時間」「心」が大きく削り摂られること。とくに、親の心は削られまくります。この3つとどう付き合うべきかが中学受験を傷ついたものにするかしな...
ブログ

中学受験】受験の足を引っ張る困ったパパたち

本日の記事はこちら ↓ 「でもね、一生懸命なのは私だけなんですよね。子どもたちには何とかやらせることは出来ていたんですが、主人がもうダメ。コロナ関係なく『個室で少人数だから安心』『ゴルフは外だから問題ない』という理由で、生活態度を変えようと...
ブログ

恐ろしい…中学受験で起きている「悪質な偏差値操作」の実態

本日の記事はこちら ↓ つまり「開成=71」「桜蔭=71」のような偏差値は、入試の難易度を示しているにすぎません。平たく言えば「どれだけ入るのが難しいか」。たとえてみるならばラーメン店の行列のようなものです。 確かに「行列があると並びたくな...
ブログ

「中学受験」子供の集中を切らさない年末年始の過ごし方

本日の記事はこちら ↓ 6年生の冬になると、本番を意識して気持ちが引き締まってきます。幼かったわが子の目の色が変わってきて、スキマ時間も惜しんで勉強するようになる…。 そんななか、どう休息を取らせるか、保護者としては悩むかもしれません。 で...
雑感

中学受験、大手塾の限界…「コロナ禍を境に崩れ始めた」の内情

本日の記事はこちら ↓ 大手塾の8つの強み 大手塾の強みとして、以下の8つを上げています。 (1)戦略的な学習カリキュラムと独自テキスト (2)レベルに応じた授業の展開 (3)頻繁に実施するテスト (4)入試の傾向分析と対策手法 (5)最新...
雑感

【中学受験相談室】併願先に「安全校」を組み入れて、確実に「合格証書」を手にしよう

本日の記事はこちら ↓ 家の近くに併願校が見つからない 矢野 (中略)どこまでを「遠い」というべきか。「60分以内」であれば、私は近いと思いますし、たとえ90分かかったとしても、電車の中での時間の使い方を工夫すればいい、と思いますけどね。清...
雑感

「子供がかわいそう」が理由の中学受験撤退は慎重に

本日の記事はこちら ↓ 「幼い」「かわいそう」が理由の撤退は慎重に いったん始めた中学受験をやめさせることが、その子のためになるのかどうか。これは判断に悩むところです。よくあるのが、「うちの子は、成績も伸びず、受験させるにはまだ幼かったよう...
雑感

中学受験「フェイク学力」の落とし穴…偏差値が急落の原因は?

本日の記事はこちら ↓  「うちの子、算数ができないんです」とG君のご両親に相談されたのは5年生の春。算数の偏差値は40でした。実際にG君を指導してみると、考え方の道筋を示されれば「あ、そういうことか」と自力で解き進めていき、「こういうふう...
雑感

予習シリーズの改訂【5年算数上巻】

現在カリキュラム改訂中の四谷大塚の「予習シリーズ」ですが、先日、5年生の上巻が発売されたようです。 これで(改訂後の)4年(上巻・夏期講習・下巻)・5年上巻までの教材が揃ったことになります。 5年上巻までの改訂後のカリキュラムを見る限り、今...
スポンサーリンク