クォーター

雑感

塾の先取り学習で学校の「授業が退屈」、できない子を「見下す態度」…親が試したい4つのこと

本日の記事はこちらです。 先取りの結果、学校の授業が退屈に… 幼児教育が盛んになり、小学校低学年のうちから塾や通信教育等で、学校の勉強の先取りをしている子どもも多いと思います。そんな「先取り教育」のデメリットとして挙げられるのが、「学校の勉...
雑感

中学受験、偏差値ではなく校風重視で選んだのに、周りから「残念」と言われて⋯⋯

本日の記事はこちらです。 「環奈がどうも元気がなくて⋯⋯。『学校で何かあったのかな?』ってすごく心配したんですが、本人は『なんでもない』って言うばかりで。これがいわゆる反抗期ってものの始まりなんでしょうか?」 このように、「なんとなく我が子...
低学年向け

低学年の算数教材選び、教材のパターン分類

今日は低学年(小1~小3)の算数の勉強について、教材分類(教材選び)を通じて考察してみたいと思います。 通常、教材選びと言えば「教材の難易度」を基準として行われることが多いですが、今回は「難易度」の他にもう一つの基準として「思考時間の長さ」...
雑感

中学受験しない子が「将来不利にならない」勉強法

今回取り上げる記事はこちらです。 近年、大学入試改革や私大定員厳格化をうけて、大学受験に少しでも有利になるようにと、中学受験人気が再燃しています。中学受験を考えていない小学生にとっても、効果的に学力を伸ばすための「頭の使い方」を身につけてお...
雑感

「底辺校から東大へ行く子vs地頭がいいのに深海に沈む子」明暗決める12歳までの親の”ある行動”

テレビドラマの「ドラゴン桜」が人気のようです。 今日は、ドラマにちなんで以下の記事をとりあげたいと思います。 ドラゴン桜 「一発逆転」の育て方 (プレジデントムック)とプレジデントFamily (ファミリー)2021年夏号 をもとに考察する...
ブログ

「文京区は2人に1人」都心に住む親子が中学受験に必死になる本当の理由

本日の記事はこちらです。 3つの不安要素 では、なぜ今、首都圏では中学受験熱が高まっているのだろうか。理由をひと言でいえば、「先々の不安を回避するため」と感じている。親たちの不安は主に次の3つだ。 1つは「公立中学に対する不安」だ。(中略)...
雑感

中学受験、「大学付属校なら安心」は大間違い!? 進学校並みの厳しさに付属高校進学すら危ぶまれ

本日の記事はこちらです。 私も(高校から & 大学外部ですが)付属出身者です。 なので、今回の記事の背景も自身の経験から多少は理解できます。 「付属校=ゴール」の幻想 「思えば、合格発表の時が喜びのピークでしたね⋯⋯。これで亮平の将来は約束...
雑感

週2の通塾で最難関中学に合格続出する塾、「中学受験2.0」を標榜するシグマTECHの教え方

本日の記事はこちらです。 通塾日数は週2回、夕食を家族で一緒に食べられる塾 年々過熱する中学受験。子どもへの負担は増すばかりだ。これ以上過当競争が進めば、子どもたちが壊れてしまう。そんな危機感から、「中学受験2.0」を標榜する塾も現れた。 ...
ブログ

メキシコ漁師とエリートビジネスマンの話

管理人 ビジネススクール(MBA)に通ったことのある人なら、多分聞いたことのある話だと思います。 正確な内容ではありませんが、以下のような感じです。 ある日、米国人のエリートコンサルタント(有名大学MBAホルダー)がメキシコの海沿いの小さな...
雑感

ママ友情報、受験ブログに振り回されヘトヘトに

本日の記事はこちらです。 ママ友とは距離をとる 「ママ友がいれば情報収集ができるという思いでしたが、実際には塾の先生に聞けばわかることがほとんど。ザワザワしたぶん、最初からママ友とは距離をとっておけばよかった、と思います」(Aさん) 過去の...
スポンサーリンク